スポンサーサイト

  • 2010.07.07 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ギター談義

 たまにはギター談義でもしましょう。
最近また物欲に駆られていますびしゃもんです。なんと言うか・・・月1ペースで何かが欲しくなるんですよね・・・。
で現在 セミアコ を買おうか買わないか葛藤しておりまして・・・買うと言ってもお金がないのですが(笑)困っています。

と言うのも大学へ通学するために バイク を買わなければいけないのですが、まだ免許も持ってなくてですね〜。
来月中には免許をとらなければいけないのと、肝心のバイクを買わなければいけない事。
この2個のせいでしばらく何も買えないんです。お金かかるもん。
別にバイクを買わなくてもいいのですが、バイクがなければ毎日バスと電車で朝むっちゃ早く起きて、大学まで通学しなければいけなくなりますからね。
ただでさえ朝弱いのに、早朝に起きれるわけがないと。

って事で今バイトしてお金貯めているんですが、セミアコをどうしても触ってみたい・・・(笑)
なんと言うかね、Gibsonを手にしてからGibson系統のギター(レスポールとかSGとか)を製造しているメーカーのギターを信用できなくなってしまいましてですね。

所詮パチ物やん。としか思えなくなってしまったのです・・・別に他のメーカーのギターを使用している方に対しての嫌味ではありません。
でもGibsonしか僕の頭にはないわけで・・・Gibsonから出ているセミアコの相場をみてみると安くても

25〜35万

するようで。
バイクが買えるじゃないか(笑)と・・・。
いつも思うんですけどね〜GibsonのSGスペシャルはSGStandardの廉価版で、スタンダードよりも装飾が控えめな分お安い(6〜9万円)のですが、レスポールStandardの廉価版であるスタジオは17万円ぐらいする。

なんで(笑)?確かにレスポールの廉価版で他にジュニアとかスペシャルとかメロディーメーカーなどが存在しますけど、ジュニアとかスペシャルまでいっちゃうともうStandardとは似ても似つかないと言うか、土台は同じ形なのですがもう別物なんですよね。

それに比べてSGの廉価版は少し装飾がなくなっただけで、大体の部分は同じ。ほらこの通り

スタンダード


スペシャル

ロゴが安っぽくなってたり、インレイがドットになってたり、PUカバーがないぐらいで、他はほとんどスタンダードと変わりありません。
なのにレスポールは高い。なぜスタンダードが20数万もするのよ。
SGのスタンダードなんて探せば12〜15万で買えるんですよ?

なんでこんなに値段に差があるの( ´エ`)
好きになったギターがSGだったらもっとお金も貯まったのになぁ・・・レスポールは高すぎです・・・。
でセミアコもそうです。
セミアコといえばチャック・ベリーでお馴染みの 335 ですが、僕は小ぶりな 339 か 336 が欲しいな〜っと思ってましてですね。
色は黒がいい!って毎日ネットでセミアコの画像みてハァハァしていたんですけどね。
ひどいもんですよ。
みてください。

こちらが336


こちらが339

えっとですね、336の大体の相場が30〜36万円程度で
339が18〜25万円ぐらいするみたいで?

さらに調べると、僕の欲しい黒色は 336 にしか な い よ う で ?

なんで339に黒色ないねん!!!!!!!!!!!!!
ホント僕の欲しくなるギターはなんでこうも全部高いの。・゜(ノд`)゜・。
しかもGibsonのセミアコってカスタムショップからしか発売されてなくて・・・そら高いはずです。
はぁ・・・バイトの日数増やしたいけど、YAMAHAのやつと大学のやつで今どえらい忙しいからなぁ・・・。

お金が欲しいです。・゜(ノд`)゜・。


で、気分転換に自分のギターをキレイにしてから弦を換えました・・・。


左 掃除前  右 掃除後

まぁ・・・18の小僧がGibsonのギターを一本持っているだけでも恐ろしい事なのに、これ以上Gibsonが欲しいなんて調子乗りもいい所ですよね。

この子を引き倒してから、新しい子を買うことにしましょうかね。
そんな何本も持ってても、どうせ一本しか弾かないんでしょうしね(笑)

あぁ・・・物欲って恐ろしい。

練習方法

 最近新しいギターの楽しみ方をみつけました。
と言いましてもこの練習方法はごく一般的な練習方法なので、普段何事もなくこの練習方法をやってる方は今から書く日記を読んでいても何の面白みもないと思いますが(笑)あくまでギター小僧の成長日記です・・・どうか長い目で見守ってやってください・・・。
でその練習方法と言うのは

ディレイでワンコード(たとえばG)だけ ジャッ♪ ジャジャ〜ジャ ジャッ♪ ジャジャ〜ジャ って弾いて録音してそのままギターのVolumeを0にして放置しておいて、違うアンプとギターを用意してアドリブの練習。

って・・・だけなんですけど(笑)これがむちゃくちゃ面白い。
まだ今の僕のギターの腕ではスローテンポでゆっくりとしたアドリブソロしか弾けないのですが、それでも楽しい!
きっかけは去年の夏・・・だったっけな〜・・・えでぃさんのお店でSmoke on the waterを演奏させて頂いた時の事。
えでぃさんとツインリードで演奏させて頂いたのですが、曲の後半でリハーサルの時には予定していなかった即興アドリブソロをえでぃさんが演奏しはじめて
僕は

お・・・さすがえでぃさん。何の予定もなくいきなりソロ弾けるとは・・・
貫禄を感じるな〜(;´д`)ハァハァ

って感心していたのですが、ソロが終わったとたん僕の方を見て

^^ ニコッ

って笑って、次僕にアドリブソロ弾けって言うんですよ(笑)
えでぃさんも多分冗談で僕にソロ振ってくださったんでしょうけど、まさかソロ回されるとは予想していなかったのでビックリしてそのまま放心状態(笑)
お客さんも大笑いしてその曲は終了したのですが・・・むちゃくちゃ悔いが残ったんですわ。

もっと自分が上手かったらあの場をしのげたのに・・・チクショー。・゜(ノд`)゜・。

って。
で、どうしたらアドリブでソロなんて弾けるようになんねんやろか〜経験なのかな〜どうやんねん〜・・・ってもがき苦しんでたら、たまたまこの方法を パッ と思いついてですね。
2個のアンプと2本のギター+デジタルディレイを使うと言う結構贅沢な練習方法ですが、やっててかなり楽しいです。
自分に酔えます(笑)

これでまたリベンジしてやるぞヽ(`∀´)ノ
Al Di Meola - Race With The Devil on a Spanish Hwy

たまにはジャズでも聴きましょう。
元祖速弾きの神様。アルディメオラ殿の77年発表の2nd。
もう格が違いますねここまでくると(笑)ギターのテクニックはもちろんの事、展開が恐ろしくかっこよくて美しい・・・。
聞いた話によると、スペインにはパコ・デ・ルシアさんのようなギタリストがゴッロゴロいるそうな・・・。
世界は広いね・・・広すぎです。

Living on a player

 バイト、部活、大学の課題と忙しい日々ですびしゃもんです・・・。
中々自分の時間ができなくて、集中してギターを練習する事ができなくなってしまいました・・・。
で現在とあるお方に

BonJoviのLiving on a playerを録画してUPしますね!

と約束をしていましてですね。
と言うのも実はつい先月バイトのお給料が入ってきまして、そのお金でトーキングモジュレーターと言う物を購入しましてですね(笑)
丁度良い機会だから撮ってみよう〜と撮影していたんですが、これが音量の調節が難しくてですね・・・小さすぎると聞こえない。大きすぎると身内から苦情が来る。
と中々思うようにいかなくて・・・。

じょにさんもう少し待ってね〜(;´д`)


BonJovi - Living on a player(1995)

ぎぶそん

現在改造中のPlayTechのフライングV・・・ポット以外内線すべて改造してやりました。

接触が悪くて音が途切れたりしていたので、トグルスイッチも元々ついていた物から市販の少し高価な物に交換。

で全部同じ色やったら個性ないな〜。と思い、元から付いてるノブ2つはずして、部屋の中に転がっているノブを2つひっつけて。
極めつけは・・・


メーカーのロゴを消して・・・




・・・(*´д`)b

Orville by Gibsonに対抗して、あえて ひらがな で書きました。
個性あるでしょ!別に恥ずかしがる必要なんてないです!ライブで目立ちますよ〜これ(笑)
・・・ライブで使う気は今のところ起きませんけど( ´エ`)


プチ改造

 最近Gibsonのレスポールを使う事が多くなって、他のエレキギター(ストラト、フライングV、エドワーズのLP)をあまり弾かなくなってしまいました。
特にエドワーズのレスポールなんて3日に1回少し弾くか弾かないかぐらいかと言う状態。

こりゃイカン。ギターがかわいそうだ。

と言うわけでGibsonのLPほどではないですが、ちょこちょこ弾いてるPlayTechのフライングVに、エドワーズLPのPUをひっぺがして引っ付けてみました。


一応PUだけを交換するだけじゃ〜面白くないと思ったので、内線を巷で有名な(笑)ベルデンってやつに全部交換してみました。
こんなチビちゃいハリガネみたいな物が1mで300円もするんですよ・・・高っかいなぁ・・・。
バイトしてなかったら買えませんよこんなの・・・

で、ベタつくハンダと格闘すること数時間後・・・



おっけ〜引っ付いた!(笑)


で交換したPUが良かったのか・・・それともベルデンがよかったのか・・・詳しくはわかりませんが、中域の音が格段にUPして、超ゴキゲンな音を出してくれるようになりました!
これは中々音抜けよさそうですし・・・バンド練習で使ったら面白そうだなぁ(;´д`)ハァハァ

しかし・・・PU(ダンカン)をひっぺがされたエドワーズのLPちゃんは・・・フロントPUのみのジャンクギターと化してしまいました・・・。

あのLPやったらと軽くてですねぇ・・・きっと中をくりぬいてあるんでしょうけど、生音あんまり鳴らないんですよねぇ・・・。
軽量化するにしてもあんなに軽くしちゃったらレスポールじゃないよ・・・ESPさん(´エ`)
ボクが歳とっておじいちゃんになったら、軽くて腰を痛めない使えるギターになるかもしれませんけど(笑)
今は・・・Gibson LPとフライングVで沢山練習する事にするね!
スマン!エドワーズ製LP。・゜(ノд`)゜・。ユルセ

virginkiller

 フラ〜っと 「ジャパメタ」 について検索していたら、えでぃさんが昔やられていたバンドである 「virginkiller」 と言うバンドのMP3音源が公開されているHPを発見しました。

virginkiller

いや〜・・・驚いた(笑)
残念ながら トップへもどる などこのページから切り替えるための所がないため、どなたがこのホームページを運営されてるかは不明ですが、virginkillerのスタジオ盤の音聴きたいな〜と思っていた僕はかなり嬉しかったです。
でもこれ本人さん(えでぃさん達)の許可得てるの(笑)?大丈夫なの(笑)?



Movin on - 1986年12月 virgin killer 大阪ヤンタ鹿鳴館ライブ

コピーしてみようかな( ´ω`)・・・・・・

激安ギター

 つい先日、国内激安楽器販売サイトのサウンドハウスがプロデュースしている 「PlayTech」 と言うメーカーから新たに5本エレキギターを発表されたようです。
まずフライングVモデル

FV-500 PREMIUM NaturalBlack PG ¥19800
■エレキギター
■フライングVタイプ
■カラー:ナチュラル
■ブラックピックガード
■ボディ:マホガニー
■ネック:マホガニー セットネック
■指板:ローズウッド

※ケースは別売り

FV-500 PREMIUM Natural ¥19800
仕様は調べてみましたが記載されていませんでした。
多分上の物と同じだと思います。

次にストラトモデル

ST-700 PREMIUM Transparent Blue ¥24800
■カラー:トランスペアレントブルー
■ボディ:フレイムメイプルシート/バスウッド
■ネック:ハードメイプル
■指板:ローズウッド
■フレット:24フレット ジャンボタイプ
■ピックアップ: ハムバッカー×2
■コントロール:1ヴォリューム、1トーン、3WAYスイッチ
■ゴールドハードウェア
■ブリッジ:フロイドローズライセンス
※ケースは別売

ST-700 PREMIUM Natural ¥24800
■カラー:ナチュラル
■ボディ:フレイムメイプルシート/バスウッド
■ネック:ハードメイプル
■指板:ローズウッド
■フレット:24フレット ジャンボタイプ
■ピックアップ: ハムバッカー×2
■コントロール:1ヴォリューム、1トーン、3WAYスイッチ
■ゴールドハードウェア
■ブリッジ:フロイドローズライセンス
※ケースは別売

ST-700 PREMIUM Black Cherry ¥24800
■カラー:ブラックチェリー
■ボディ:フレイムメイプルシート/バスウッド
■ネック:ハードメイプル
■指板:ローズウッド
■フレット:24フレット ジャンボタイプ
■ピックアップ:ハムバッカー×2
■コントロール:1ヴォリューム、1トーン、3WAYスイッチ
■ゴールドハードウェア
■ブリッジ:フロイドローズライセンス
※ケースは別売です。

上記のものが1月20日に発売予定だそうです。
残念ながら通販なので、ネックの太さについては何とも言えませんが(笑)PlayTech製のギターは8割方太めのネックで作られているようで、メイプル指板の物は比較的ネックが薄いんだそうです。
ちなみに私は去年PlayTechの白いフライングVモデル(12800円)を購入していて、ほっとんど使っていませんが(笑)状態はそこそこだと感じました。

まぁ上の新発売の物を買おうとは思っていませんが、面白いですよ〜PlayTechさん。
ほぼ2~3ヶ月のペースで新しい楽器を発売されてるんです。最近では毎日サウンドハウスの 更新 の欄を眺めています(笑)
メイプル指板のレスポールが発売されたら絶対買うんだけどな〜・・・出ないだろうなぁ・・・。

VOX

昨日(16日)楽器屋さんで買い物をしました。
何を買ったかって?フフ・・・これです。

VOX - amPlug cabinet ¥1995

VOXからamPlugと言うヘッドホンアンプが発売されていまして、それ単体ではイヤホンやヘッドホンでしか音を聴けないのですが、これを使うことによって普通のアンプのように音を鳴らせるという代物。
ちなみに私はamPlugを2年ほど前に購入していて、amPlug用のキャビネットみたいなの出ないかなぁ・・・って期待してたんで、これが発売されると知った時はホント嬉しかったですわ。

では早速amPlugと合体させて色んな角度から見てみましょう。

正面。
ヘッドとキャビネットをはずして


ここにamplugを接続します。


上から

Input
DCアダプターIN
LED

です。
一番上から出てるコードは、amplugに接続するコードです。


ちゃんと足が付いてます。


ちょっと中を見てみましょう。
裏蓋を開けるには小銭やコインが必要なようで、指でやると割れるようです。

パカッとな。

親切な事に、新品の電池が入っていました。
VOX太っ腹〜(*´ω`)

全体的に丁寧な作りで本体はプラスティックではなく、ちゃんと木で作られているようで結構頑丈です。

欠点は
正面のネットが少し耐久性なさそう・・・何かに引っかかったらすぐにやぶれそう
ヘッド用とキャビネット用別々に電池を用意しなきゃいけない(ヘッドが単4電池2本、キャビネット9V電池)
ヘッドホン単体で使う時と比べて、キャビネットを使うと音が悪い。高音が強調されて音がキンキンする。

こんな感じでしょうか

ちょっとMarshallのミニアンプと並べてみました。

たいしてサイズは変わらないようですが、音のバリエーションはダントツでVOXのが上ですね。
amPlugって色んなシリーズが出ていて、私の持っているのは激烈に歪む Metal 他には程よい歪みの Lead やクリーン専門の AC30 ベースギター専用の Bass や浅い歪みの Classic などなど他にも色々出ているので、全部そろえようと思ったら結構値段張りますけど(笑)こちらのほうが音的にも種類的にもオススメです。

でギターと一緒に撮ってみました。

小さい(笑)おもちゃみたいです。
気になる音は


こんな感じのようですね。
どうです?欲しくなったでしょう( ´ω`)

ならないか(´エ`)   (笑)

ピック

 最近長い間愛用していたピックを変えてみました。

左のYAMAHAのやつが1〜2年ぐらい愛用していたピックですね。
厚さは1mmで、指に吸い付くようなピックで、とても使いやすかったのでかなり気に入っていたのですが、いかんせんすぐに磨り減ってしまうのがネックだったんですよ。

でつい最近画面真ん中のダンロップ製1.5mmのピックに変更した所、YAMAHAのピックと似たような素材で作られていて、なおかつ以前使っていた物より少し厚いということもあってか握りやすくて滑りにくく、落としづらいと言う点が気に入ったので数ヶ月ほど愛用していたのですが、調子に乗ってさらに0.5mm厚い2.0mmのピックを最近愛用しております。

確かに分厚いピックはむっちゃくちゃ弾きづらいのですが、3日も使ってたら逆に薄いピックを使うほうが弾きづらく感じるようになるんですよね。それに分厚いほうがコシのある力強いピッキングができるので弾いてて気持ち良い。
って事で現在2.0mmのダンロップ製ピックを愛用しています。

で遅くなりましたが下段においてあるのは、我が愛しのギタリストのザック・ワイルド様のシグネチャーピック。
ちょっと気になって通販で購入してみたのですが・・・思っていたより超薄い。
11~70とかの激太の弦を張る彼の事だから、ピックも分厚いんちゃうかなぁ・・・と思ったんですが、実際は1mm程度の物でした。
そして他のアーティストのピックの厚さについて調べてみた所

イングヴェイは2mm
スラッシュは1.14mm
ダイムバック・ダレルは0.88mm
スティーブ・・ヴァイは1mm?
ブライアン・メイは1mm?
ジョー・ペリーは1.5〜2.0mm

だそうで。
イングヴェイって結構分厚いピック使ってるんだなぁ・・・知らなかった(笑)

シャ乱Q - ジングルベッド

いい曲ですねぇ〜元カコフォニー&メガデスのマーティ・フリードマンさんがある番組で弾いてるのを見て知りました。
これぐらい歌えるようになったら気持ちええんやろな〜

 最近弦のゲージの事でとても悩んでいます。
今までギターを練習してきた4年半の間、私は一貫してghsかアーニーボールのレギュラーゲージ(10〜46)を使用してきたのですが、最近ザック様にあこがれてちょっと太い弦をギターに張ってみたいな〜って考え始めましてですね、彼は11〜60または11〜70と言うありえないゲージの弦を張っているようなんですが(笑)さすがにそんなエグいゲージの弦を張っても弾ける自信がないので、今日学校の帰り道に楽器屋さんへ行って、じっくりたっぷり時間をかけて吟味してこれを買ってきました。

ERNIE BALL Power Slinky(11〜48) - ¥630

散々悩んでお世話になっている店員さんにも30分近く相談して(笑)これを選びました。
はじめはザック仕様の11〜60の弦が欲しかったのですが、普段僕はレギュラーチューニングの曲をよく練習しているので、11〜60の弦をレギュラーチューニングにでほったらかしにしたら絶対ネックまがるだろう・・・って事でザック仕様の弦はあきらめて

今度は少し細めの11〜52の弦も考えたのですが、まぁこれもレギュラーチューニングでほったらかしにしたらあぶなそうって事であきらめて

最終的にこれに決めたってわけです。
多分これでもヘタしたらネック反っちゃうかもしれませんけど・・・ちょっとこれ張ってしばらく様子を見る事にしたんです。
今のところまだチューニングが狂ったりしていないので、多分問題ないとは思うのですが・・・こわいなぁ・・・。


Zakk Wylde - Tush (ZZTOP cover)

ザックバージョンのTushです!クッソかっこいい。
いいなぁ・・・歌もうまくてギターもうまい。背も高いしマッチョでイケメン。
ホント神様って平等じゃないですよねぇ・・・僕も背高くなりたいなぁ・・・中2の頃から172cmで、一向に伸びないんですよ・・・。
186cmぐらい欲しいなぁ・・・・・・・・・・・・

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
profile
categories
links
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
 (JUGEMレビュー »)

ThrashMetalの超名盤!私はCliffが在籍していた1〜3rdの中でも、これが一番気に入っています。Daveが作曲に携わった曲もあると言う点でも、これは買いです。
recommend
Screaming for Vengeance
Screaming for Vengeance (JUGEMレビュー »)
Judas Priest
メタルオブゴッド!HR/HM界の中でも屈指の名盤です。
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM