<< 昼からバイト | main | 大学 >>

スポンサーサイト

  • 2010.07.07 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


久しぶりに

 ちゃーす今朝の7時でございます・・・今日(正確には日曜日)はひっさしぶりに一夜漬けでギターの練習に励みましたびしゃもんです。
ギターの練習して手首に痛みが生じたのは久しぶりやなぁ・・・日ごろサボってる証拠ですね・・・。
と言ってもほっとんどグッダグダな練習で

インギーのI'll see the light tonight
ラウドネスのCrazy doctor
メガデスのSleep Walker
パンチラ・・・じゃなかったパンテラのCowboys from hell

上記の曲のギターソロを徹底して練習していただけなので・・・ぶっちゃけ練習(新しい物を覚える)じゃなくてただの復習(知ってるものを繰り返し練習)をしていただけですね・・・。

でパンテラは完成まで後少しなのですが、メガデスは曖昧。
やっぱメガデスって昔からそうですけどソロよりもリフ作りが凄い凝ってるんですよ・・・まぁリフに重点を置いている スラッシュメタルバンド なので当たり前なのですがこれがまた難しい。
曲の進行フレーズが恐ろしいぐらい忙しいです(笑)
完全に安定して弾けるようになるまで時間かかりそうやなぁ・・・。

ラウドネスは最近興味が沸いてチビっと練習中。
ソロ後半のスウィープ連発する所を安定させて、ピッキングのダウンアップをハッキリさせられれば完成しそうです。
インギーのこの曲はリフ〜進行フレーズは楽なのですが、みなまで言わなくてもわかりますよね・・・これは練習していて本当に覚えられるのか気が遠くなりそうです・・・数ヶ月練習してやっとギターソロの半分の押さえる場所を把握しました・・・が、まともに弾けない(笑)
手首が痛みだしたのも100%この曲のせいです・・・。

にしてもずっと立って練習してたからか・・・首がいたい(;´д`)
レスポールはやっぱり重いです・・・数時間も立って弾いたら軽い筋トレになります・・・。

で話はかわりますが・・・実は数週間前にあるものを購入してしまいました。
私は欲求との戦いにやぶれました・・・。

Vox - Tone lab ST ¥10300

買っちゃった・・・こんなもん買うから原付の試験落ちるんです(関係ないか)
ぶっちゃけマルチって音そんなよくないらしいですし、あまり期待はしていなかったのですが・・・数日音を作りこんでみてあらびっくり。凄いいい音出すんですこの子。
実は真空管内臓でですね、少しスペックを紹介いたしますと

12AX7という小型真空管を内臓
33種類のアンプモデル内臓
100種類までのプログラムをセットアップ可能
etc・・・

こんなかんじで自分はこいつをYAMAHAのAR-1500のReturnにぶっさして使っているのですが、使っててホント気持ちいいです。
このエフェクターのリアパネルにはAMP/LINEスイッチというものがありましてですね、使うアンプに合わせて音色を変えられるわけですよ。

VOX製オープンバックのコンボアンプAC30のような中域にクセがあるアンプに接続する場合は
VOXというツマミを選択

US製オープンバックのコンボアンプのようなクリーンサウンドを得意とするアンプに接続する場合は
Fというツマミを選択

4×12クローズド・バック・キャビネットなど、スタックタイプのアンプに接続する場合は
Mというツマミを選択

ギターアンプのパワーアンプ、オーディオ機器、ミキサー、レコーダーまたはヘッドホンを接続するときは
LINEというツマミを選択

こんな感じに4種類のツマミを選択できてですね、ボクはLINEにツマミを合わせて使っているのですが、手持ちのMarshallのアンプと弾き比べても、それと同等・・・いやそれ以上の音が出せます。
さすがにフルテンのマーシャルをギター直で鳴らした時のようなきらびやかでツヤのある音を再現させるのは難しい物がありますが、それでもコシがあってある程度きらびやかな(笑)すばらしい音が出せます。
音を徹底的に作りこんだら本当にこのエフェクター バケます

が、個人的にもう少しブースト用のペダルとか、空間系用のペダルとか用意してほしかったのと、モデリングされているアンプ機能があんまり使えない事がショックでしたね。
アンプ機能を使うと確かに弾いてて気持ち良い音になるのですが・・・聴けばわかるぐらいの音抜けの悪そうな引っ込んだ音になるんです。
で空間系も微妙・・・。

マルチエフェクターとしては使えないかもしれませんが、プリアンプ(モデリングは使えない)としては最高なマルチエフェクターなんじゃないかなとボクは思いました。
それに両手に収まるぐらいの小さいエフェクターなので、スタジオとかもって行くとき軽いですし楽なんです(笑)
毎日ちまちまと音作りするのがちょっとした幸せになりました(笑)
YNGWIE MALMSTEEN - I'LL SEE THE LIGHT TONIGHT

いつになったら弾けるようになるんだろう・・・。

スポンサーサイト

  • 2010.07.07 Wednesday
  • -
  • 06:59
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
profile
categories
links
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
 (JUGEMレビュー »)

ThrashMetalの超名盤!私はCliffが在籍していた1〜3rdの中でも、これが一番気に入っています。Daveが作曲に携わった曲もあると言う点でも、これは買いです。
recommend
Screaming for Vengeance
Screaming for Vengeance (JUGEMレビュー »)
Judas Priest
メタルオブゴッド!HR/HM界の中でも屈指の名盤です。
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM